めそ。

人生がっかりイリュージョン、漫画は血液

  • « 
  • 3 
  • 4 
  • 6 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕を自由にできるのは宇宙でただひとりだけ

四国に行ってきました
香川と徳島中心です

mixiにも書きましたが

フェリー→意外と快適(・ω・)
栗林公園→通称クリリン公園(嘘)
朝の五時半から行って頭すっきり、綺麗さに感動
~ハイパーレンタカータイム
うどん→うまい
映画UDONのロケ地→笑う
うどん→うまい
金比羅山→上まで登る。ここは超ドS
灸まんと変わり種アイスを食べまくる
川遊び→景色が綺麗
平家屋敷→がっかりしすぎて大爆笑
かずら橋→超怖い橋、涙目で渡る
遺言まで友達に託す、渡り終わって足腰が抜ける
川遊び→滝とか見てテンション上がる
船遊び→船で川下り、トンビ楽しい、景色綺麗
ホテル→めちゃくちゃ綺麗、超綺麗、温泉つき
居酒屋→地ビール、鳥、天ぷら、刺身、うどんグラタンまで食う
~2日目
うどん→釜たま食い
うちわ館→やなせたかしのうちわにテンション上がる
善通寺→素敵な寺でした
徳島ラーメン→先月で閉店されたカオス
うどん→うまい
フェリー←今ここ

超堪能していました


スポンサーサイト

合コンは合唱コンクールの略


合コンでした

とりあえずやる気のない服で梅田に向かい
友人とアンジェルブというパウダールームへ
ここは一時間300円でマキアージュの化粧品やナショナルのコテが使い放題
最近アトピーが治ってメイクに目覚めた友人と行きました
「ふんわりしたアイメイク」を希望されたので
ポルジョのアイプライマー+アイファンタ限定BE+ルミナスのピンクオレンジ(単色)でメイク
締め色はエクセルのストロベリーショコラのブラウン

自分のメイクよりずっと気合い入れて考えてます


そして女子四人(うち一人初対面)で待ち合わせ場所へ

向こうは有名国立大生…としかない情報
とりあえずギャル男はいないとのけと



合流


(゚ω゚)…………

微妙。

気を取り直して居酒屋へ

移動中も固まる男子

(゚ω゚)………帰りたい

ついた居酒屋は綺麗なお店でした
とりあえずテーブルに座り自己紹介

…席替えのスキルすらねーくせに合コンかよ(゚д゚)、ペッ

幹事と同じテーブルでしたがそいつとそいつのツレの話題が
キスの味の話(主に自分語り)とか
小学生以下のシモネタとか
旅行に一人で行きたい語りとか
話広げようとする姿勢が、ない
わたしの先輩(女)のことを聞き出そうとするが引き際を知らずしつこすぎて鬱
しかもツレは酒あおりすぎてぐでんとなってるし

そもそも話が面白くない
すべてにおいて「でっていう」トーク

しかも全員タバコ吸うし

因みに帰るときも男子は男子女子は女子

……(-_-)

バスの関係もあって早々に帰宅しました

そして男の先輩と電話して癒されてます
院試の相談だったんですけどね(・ω・)

生徒は皆自分よりえらく見える

なんだかわたしがすごく頼りない反面教師だからか生徒の自立心がよく伸びます
だからわたしはクソガキさま担当になることが多いのですが大人びられるとそれはそれで寂しいです

和歌山帰省のシメは友人と遊びました
大好きな大好きな高校時代からの、今風に言えば心友ですかね
っもうほんと今築いている友人関係には不満全くないです、怖いくらい
みんな大好きです。バイト先の人も、みーんな。

そんな高校時代の友人は昔から勉強熱心で、わたし以上に日本史マニアで
今大学でせっせかせっせかと大好きな学問をやっているそうです
そして大学院に進学するらしいです。うん、そういう子が進学すべきなんだよな。

地域の祭りによる交通規制のため10分遅刻するダメエルモ
せっかく10時集合という大学生にとっては鬼のような時間に間に合うよう起きれたのに><!!
彼女は無駄に品揃えのいい駅ビルの本屋で待っていてくれるとのこと

そして駅ビルの本屋向かう僕
彼女の好みなら超把握してるんだぜ…
海外文学か幕末明治日露戦争くらいからの戦争史か微マイナー漫画!!!!

多ッ!!O丁乙。・<女子大生の読む本じゃねー!!

結局テレポンして合流、正解は海外文学でした
あれやこれやの本をキラッィラした目で見て買おうとする彼女
それを止めるのは学生時代から僕の役目です
「同じ本を持っていないかい?^^」「同じテーマでまだ読んでない本、なかったかな?^^」
後は「あの子(パソ子)と夜ランデブーしすぎちゃいけないよ?^^」とか定期テスト前に言ってました
ぎくっ!ぎくっ!!という彼女がたまらんかわいいのです><

そして今回も凶器の如くごつい本を二冊購入にとどめさせ、カラオケへ

いつも行きつけのカラオケはお部屋がだだっ広くてフリータイム5~600円
ここも学生のときからの行きつけお金の単位をペソとか言う愉快なおばちゃんもずっと変わらず

そして部屋に入るや否や

ハイパーニコカラタイム!!

アニソンアニソンアニソンアニソンオタソン…
歌っている間ににんたまトーク
やっと入った普通の歌(ex羞恥心)も

これ、ニコニコのMADにあったよねー!!゜∀゜ムハー

満二十二歳の狂気

途中「そういえば@@(共通の友人)結婚したらしいよ」と言われるびっくり有り

そしてカラオケが終わった後も本屋に行ったり(そしてまたストッパーになったり
駅前で立ち話したり(わたしは貧血のため情けなく座っていましたが
自分たちの進路にため息ついたり

最後は握手…と思ってはっと気づく
この子は人に触れられるのが超超超超ニガテ
出してしまった僕の手、頑張って伸ばそうとしてきてくれる彼女の手

どうする!どうする!

そうだ!

えるも「E~T~(ΦωΦ)P」
人差し指を出し…彼女も安心?して人差し指を出し…

チャ~チャ~チャラララ~(交信完了

そんな素敵過ぎる一日を過ごしました

明日は合コンなのになんでこんな時間まで起きてるんでしょうわたし
明日一日バイトないっていったら友達が超びっくりしてました
そんなにバイトしてそうキャラになっていたとは^^;

ふるさとを思って、こころが大きく悲鳴をあげました


ここのところ遊び通しです
まずは幼馴染イケメソと遊び
(しかもメールもらってすぐ次の日という早期決行ぶり

向こうが内定貰ってるけど辞退して専門学校行こうと思ってる話とか聞きました
あたしはそもそも根性が悪いので、そして彼の人生に口出せるような関係じゃないので
応援する事にしました、お好み焼きやで子供もんじゃとお好み焼つつきながら
来客用ノートに馬鹿なこと書いたり大阪のお土産屋を冷やかしたり
すごく貴重で楽しい時間でした

その翌々日はBBQ
男6女4だったのですが知り合いが二人しかいないというカオス
恋バナとかきゃっきゃしてる女の子、BBQの仕度だったり花火だったりする男衆

……ずっと男側にいましたが何か
いや、おにゃのこは可愛い子ですごく壁を感じたんです
大学生って職業、わたしだけだったし
貴重な知り合い二人も男だったし
あーあああー、絶対反感買うよこんなのまじKYだよなでも女の子恐い
やーもう女の子いいこでね、かわいくて、うん!
川も気持ちよかったし食料もいっぱいすぎるくらいいっぱいで、なのに参加費超安くて
往復は車で送ってくれるし川も気持ちいいし、うん、ありがたかった

そして今日は親戚への挨拶も早々に地元の飲み会へ
10人くらいで半分は一応知っている感じ
けど金欠の関係もあって二次会はパスしました
明日はだいすき高校時代の友人にも会うし
なんかもー、ね。写め日記にも書きましたが、割り勘ノット飲み放題の飲み会でビール飲みまくる奴
あいつらどうして平然と割り勘できるんだ、しかも男
ノンアル組が二杯目からをお冷にして値段調整してる横で五杯も六杯も…
しかも終わって値段聞いて「妥当じゃね?☆」とか…

お ま い ら は な 妥当かもしれんが

いやもう紀州ですからね、みんなけちなんですよ
安くしようと二杯目からお冷なノンアル組も
割り勘だからってがぶがぶ五杯も六杯も飲むビール組も
お国がらっすね

パスした理由にはもうひとつあって
わたしが地元の学校に満足に通ったのなんて一年だけなんです
だから当然、ほとんどの人は知り合いじゃないわけで
あー、っていう
勿論地元の中学に進学したくなくて勉強頑張ったあの時の自分には感謝してます
けど、だから
地元を憎んで憎んで故郷の茨城をひたすら思って
帰ることを諦めた大人になったなんて、あの時の自分に対して、申し訳が立たなくて
すまなくてすまなくて、苦しいんです

ほんのほんのほんの少しの光だけを不器用に縋って、たくさんの幸せな思い出と、
過去の栄光を思って生きたあの時の自分を、どうしたら助けられるか分からないんです

モラトリアムが終わりかけて出てきてんのかなー
親はこんな話聞きたくない聞かないだし、怒り出したり聞いてないフリするしなー

年をとって許せるようになった、それでも上手くは行かないようです
だけどこの大学全入時代に、小学校の同窓会をしたらほとんどフリーターかニートって…
そんなタチの悪い集団じゃなかったんすよ!
中学受験に触るからマラソン大会取りやめるような小学校だったんすよ

せかいで、いちばん、おひめさま

そういう扱いはいりません

今年も帰ってきました、和歌山
和歌山の夏
去年も死んでしまう程楽しかったのですが今年もです

元々わたしは、小学六年生でここに連れてこられて
それまでカースト上位、クラブも勉強も生徒会も頑張るエリート小学生だったのに
環境にもすごく恵まれていたのに転校させられ

すべてが悪い怖い環境に放り込まれ
地元中への進学から逃れるための受験勉強をしながら
「死んでやる」「戻りたい」ばかり考えていました


そんな嫌な嫌な場所で
同じ小学校の人も数人除いて嫌になり

なり、

だったのに

毎年地元ではしゃいでいる自分がいます

昨日も小学校の友人と遊び、

午前・超親友の女子が我が家に来る
じいちゃんばあちゃんとトーク
キャッキャテラウフフ
しゃべって気がつけば三時

三時・同小男子+同地元男子と合流
車を出してもらってラウンド1へ

ジョウバ→友人を乗せて楽しむ、皆で馬を応援

ビリヤード→女子二人が初心者、玉を突く度に位置的な問題で友情にヒビが入る

ダーツ→一人500点とってランキング二位、集団内一位になるKYなわたし

エアホッケー→チームプレーの大切さを知る、女子二人が攻撃的すぎる

太鼓の達人→手が痛くなる

カラオケ→エアーマンとハレハレユカイの盛り上がりが異常


七時・もう一人の女子と合流
電話で場所を説明中「迷子なった」を「犬の散歩」と聞き間違えるKYなわたし

気がつけば十二時近くまでお好み焼き屋でもちもちしてました
みんなでいっぱい話して楽しすぎました


なんかすっげ同じバイト先の顔と声が性的に好みすぎる人のメアドをゲットしたが
何を送っていいか何が通じるか分からん\(^O^)/
デコメ知らないとか…なぜかときめいたなぜときめいたわたし
おかげで明日イケメソとのデートなのにちっとも気がのらない…

しかしその人の似てる生き物は伊賀崎孫兵(にんたま)という…
なんというか…雰囲気が…特に雰囲気が孫兵……
二次元かよ自分!!!O丁乙!!!
あ、蛇のジュンコ連れてる人です>孫兵

全裸部


タイトルはあれですがちょっとまじめな話です
某有名神社に占いに行ってきました
宮司さんが占ってくれるのに3000円と普通のお値段
ネームバリューを考えたらむしろ良心的

ただ開始五分後に行ったにもかかわらず一時間半は待ちました
その分しっかり占ってもらったからいいけど

・まず大学院進学はやめとけとのこと
・家に縛られる体質だから実家を拠点に暮らせとのこと
・基本的に恋愛は「逃す」体質らしい
・早婚か晩婚かの二極化
・ぶっちゃけ二年くらい前に結婚しててもおかしくない
・だから和歌山帰れ
・医者とか、なんかそんな、いい感じのと縁があるから
・近所の人とか、バスの中とか、うっかり見初められるから
・個性がないね
・個性がまったくないね
・基本、これといったものがないね
・何に向いてるか?嫁だよ
・職種はどうでもいいから和歌山に帰れ
・そしてとっとと結婚しろ
・そして和歌山に骨を埋めるんだ
・貧困はない、中の上以上は維持できる
・後二年三年が勝負
・一時間半かけて通えるだろうけどでも院はだめ
・出た学部にこだわることはない
・向いてる職種も向いていない職種もない
・就職するなら許せて大阪
・婿養子をとりなさい

・妹さんは根無し草、フリーダム
・妹さんなら好きにすればいい
・お父さんは離婚する離婚するって言っといて離婚しないタイプ
・少なくとも君がいるうちは
・君が実家に帰ってくれば大丈夫だよ

総評
お前はうちのじいちゃんか

わたしはあなたに焦がれたまま、むなしく死んでいくようだ

君がため 惜しからざりし 命さへ
ながくもがなと 思ひけるかな


あなたのためなら、捨てても惜しくはないと思っていた命でさえ、
逢瀬を遂げた今となっては、できるだけ長くありたいと思うようになりました。



藤原義孝。
「末の世にもさるべき人や出でおはしましがたからむ(顔的な意味で)」

基本的にイケメソというのはよく研究される対称にあります
ただ彼は狂気を含まず、非常に人柄も良かったとのこと、おまけに早世
そりゃ好感度も高いはずです


命やは 何ぞは露の あだものを 逢ふにしかへば 惜しからなくに

「命がなんだ。
命など露のようにはかないもので、逢瀬できることと交換できるなら、惜しくなんかない」

時々紀友則のことも思い出してください


明日は日本で二番目に偉い大学の研究室に行ってきます
他の大学も考えましたがわたしにはそこは格別すぎて。話を聞くだけでも行きたいな、と
わたしの専攻は割と新しい学問なので国立大のほとんどで取り扱ってないんですよね
だから、院試はすごく頑張らないといけない、です

とりあえず研究テーマとか考えていかなきゃいけないけれど何も思いつかない
そして早く寝なきゃいけないのに寝られない
もういやだ、自分がだめすぎる
就職活動に対するエンジンも切れ、毎日バイトでほんと自分がダメだと痛感しています
実家に帰ったらパソコンが激重だからやる気が一気になくなるだろうし
こっそり夜中にでも容量変えてやろうかな>実家パソ

やりたい研究なんてありすぎるんですよ
日本の歴史的なこと全てに興味がある
教育学も習いたい
福祉は臨床的な分野なら興味がある、差別用語についての研究とかも
医学も好きだし、メディアも。

どこの世界でも一緒なんだろうけど学者になろうとすればやはり個性の強い研究が求められるわけで
ああもう、どうしようかと悩むわけですよ
しかも博士に進めば就職アウト、語学と経済経営系以外の学生は教授の採用ほぼゼロ

ああ明日はバイトもある
最近バイトしすぎて腱鞘炎になってきたよ
そして占い行きたい予定だったけど無理そう…かな…OT乙


ひっだりひっだりえーびーえー!


今日はサークルの飲み会でした
飲み飲みしてから鴨川でみんなで座り込んでだらだらするというまったくもって非生産的な会合
久しぶりに同級生に会えて、いっぱい話せて幸せです

一回生とは接触がほとんどないのですが顔や名前を覚えてくれていて嬉しかった…!
そして二三回生もー!><

四回生で浮いた話がないのはわたしだけなので若干気を使わせたかもしれません、後輩に
彼氏いないんですかー?」はしょっちゅう聞かれます(おにゃのこに
おっぱいおっきー!」とおんなじくらいの頻度で、ええorz
しかしうちのサークルは余裕でビキニが着れる子ばっかりだからそっちの方がうらやましい

超羨ましい


なんかみんなぴちぴちした恋愛をしていました
「彼氏からメールがこないんです><」という可愛い初々しい一回生
「同僚の男メールするって言ってて十日くらいしてなかった」という四回生(わたし
はい、温度差

そういえば二回だか三回の女の子ですげーボデータッチ激しい子がいてすげーと思いました
ありゃー、すぐ彼氏できそうだ。男(いけめん)の乳べったべった触ってたもん。

心が満たされ、孤独が死んだ。あのときのわたしは心から幸せでした。


ここで出会ったtinkちゃんが遊びに来てくれました。
就職活動の内定式の後だったんですが、相変わらず可愛くて(そして美人さんで)
志望度の高い職種を目指してそれに就いた人の美しさというかパワーがありました^^
相変わらず優しいいい子で、水の神様貴船に行ったり、出町柳を散策したり
なかなかいけなかった川床スタバに行ったり、素敵まったりコースでした
夏の貴船は最高すぎる…!!!いっぱいお話してすごく楽しかった日でした
即行じっちゃばっちゃに電話して自慢したしね^^


暇だったのでキスについて調べてみました
友達が「キス、って言うの恥ずかしくない?」とか言ってきたのがきっかけです

まず西洋でのキスは
手の甲へ―尊敬 、掌へ―お願い、頬へ―親愛の情 、額へ―挨拶
唇へ―愛情(頬へのそれより更に親密である事の意) 、瞼へ―憧憬 、手の首へ―欲望
とあるらしいです。瞼とか、手首とか、素敵だなと思いました。足にも意味があるのだろうか。

>かつてはkissを「キッス」と発音することが多かった。
笑うとこですか

また、キスマークの医学名は『吸引性皮下出血』らしいので
『キスマ』などと略すのさえ恥ずかしい場合は『吸引性皮下出血』と言うのも良いかも知れません

>「キス」という言葉が入ってきたのは明治以降であり、それが「接吻」と和訳されたのが明治20年
(訳語そのものは文化13年の『ズーフ・ハルマ』に遡る)

またお前か>『ズーフ・ハルマ』

>西洋と違って日本文化上にはキスを日常的に行うという習慣は元からは存在せず
あ、そうでしたか…

>日本では元来、キスは単なる口唇の接触としての行為よりもより性行為と直結したものであった。
>単なる口唇の接触としての行為よりもより性行為と直結したものであった。
高度すぎるエロスに土下座。本当のエロさはこういうのに感じてしまうのは年だからですか

>江戸時代から一般庶民も裏では頻繁に行っていた。
当時は「口吸い(くちすい)」、動詞としては「口吸う」と呼ばれていた。
他に「口口」とか、江戸後期には口二つで「呂」等と呼ばれた例もあるが、「口吸う」がもっとも古く、
平安時代に遡る。郭言葉では「おさしみ」とも言い、これはそれが二人で刺身を食べる様に
似ている、ということらしい。九州地方では「あまくち」と言ったらしく、
『ズーフ・ハルマ』の該当項目に訳語として挙げられている。

…せんせい、僕、ロマンしか感じません!><

>また、風俗業にたずさわる女性のなかには、客としての男性に唇へのキスを許さない女性もいる。
ユカですね、わかります><

夜中にキスについて延々語るとはただの寂しいばかな女なので江戸川柳でもご紹介
万葉集だ古今和歌集だ古事記だも素敵で読みたいのですが
江戸川柳のはすっぱさというかあけすけさ時々の下品さも好きです
古事記は寂しくなってくるしね。というわけで好きな遊郭ネタで有名どころをみっつ

・二度と行く所ではないと三度行き

・夢に見んしたと真っ赤なうそ

・惚れ所に困り気性に惚れんした
(気性に惚れたとは、よほどほめどころのない客だ)


こういうのがすきなんです。

人物像

える藻

Author:える藻
だいがくせい
はたちたすに

メール中毒
お電話飢餓

毎日瀕死

おてまみ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックがバック

ダイスキ!!(ノ´∀`*)

おてんき


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

いつでもいっしょ

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。