めそ。

人生がっかりイリュージョン、漫画は血液

  • « 
  • 2 
  • 3 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州!


サークルの旅行で行ってきました!
全県制覇してきました><

以下箇条書きで
・五泊六日なのできつかった(行く前が特に
・それでも帰りに「後二泊したーい☆」といった一回生に若さを感じた
・ガールズトーク(笑)をけしかける側になったえるも
・典型的な「お前ほんとに俺のこと好きなの?」女子すぎて逆に羨ましがられるえるも
・後輩の恋愛相談を受けたが案の定相談ではなくただ話したいだけだったようだ
・宮崎県は非常に友好的
・知事を探す、県庁観光地過ぎて笑う
・鹿児島へ、道の駅のテンションがおかしい
・豚を食べる、んまい
・桜島を見る。西郷どんの銅像に無駄にテンションが上がる
・熊本へ、途中合流の後輩を拾い、宿泊先のコテージへ
・コテージ超広い、飲み会する、若さがまぶしい
・三・四人潰れる、酔っ払いは好きじゃありません
・四回生中心の初老チームでぐだぐだするえるも、掘りごたつはエンジェル
・けどちゃんと酔っ払って脱走した後輩を連れ戻すとかしました
・けど酔っても許されるキャラは正直羨ましい
・高千保はすばらしい
・阿蘇山はおもしろい
・プリクラを問ったらプリクラがサークル内ではやった
・大分にてでかいつり橋を渡ったが四国のかずらを渡ったえるもの敵ではなかった
・宿はビジネスホテルだったので宴会がなくてほっとする
・夜に集団脱走してラーメンを食いに行ったりはした
・グラバー邸に行く、見ごたえありすぎる
・途中唐人屋敷に寄れなかったのは残念だった
・挨拶をしてくれる小学生の集団に感動する
・中華街で皿うどんを食べる、ちゃんぽんも食べる、両方うまい
・角煮饅頭を男子にもらう
・平和記念公園に行く、こういうところが苦手な体質なので倒れないように頑張る
・できるだけ生の力が強い者と一緒にいるようにするとよさげ(ex小学生
・なんか変な宗教みたいでサーセン
・心から原爆資料館は嫌だ嫌だと思っていたら奇跡的に進路が教会になった
・一日目と二日目の車内BGMはすべてパフューム
・一生分のパフュームを聞いて二日目の夜は目を瞑ると頭の中にパフュームが流れる
・三日目は気を使ってくれて宇多田になったが車内がリラックスしすぎて爆睡ムード
・気がついたらしょこたんが流れていた
・同じ班のイケメン男子が九割運転してくれて非常に申し訳なかった
・宿でたまごアイスのうまさに気づく
・四日目はスペースワールド、買い物、下関班に分かれることにした
・下関に非常に惹かれながらも買い物班へ
・金がなかったんです(正直
・けどすごく楽しかった
・女同士の気の使わなさを実感
・ラーメン食うし天満宮行くしと一番充実していたかもしれない

結構楽しかった、総額五万かかっていないはず
恋愛話の中で印象に残ったのはハーフ美女モデル体型な後輩(相沢さよ激似)の体験談の
「町で友達と遊んでいたら制服を覚えられて学校まで来られた」話です
いやもう本当に美人で美人で、世間の芸能人さんが彼女くらい美人だったら泣きます
けど付き合った人数とか超ふつーなんだよな
頭が良くて綺麗で優しくて気が利いて…なんだこのいい子は!という感じなんですが

それと超男受けしそうなまじ可愛い後輩
モテと男受けを凝縮して三次元化させたような子
有名野球選手の美人若妻とかに納まってそうな子なんですが
その子の「付き合った人0人」申告にも本気でびっくりしました
0なのは知っていたけど改めて言われると本当にびっくりです
タイトめな白いワンピが超似合っていてわたし夜中に「妖精だ…」と呟きましたから
もうほんとこの子のフィギュアがあったら買ってます

世の中っていったい何なんだ!
スポンサーサイト

死ぬかと思った

内膜症等の疑いがあるので産婦人科へ行き

死にました
あそこ一気にHP削がれる…

器具つっこまれるわ
医者えらそうだわ

というか和歌山の医者はどうしてあんなえらそうなのか
たとえ裏で何を考えているか分からないと言われても
優しい京都の医者の方がずっといい

産婦人科行きたくない…
あそこ行くくらいなら子供いらないと思ってしまう

あー、ペンペンかわいい(動物奇想天外

おぼえててもいいかな


最近頚椎に異常が発覚しました
まあ命に関わるわけじゃなし、楽観しています。最初腱鞘炎かと思っていたくらいだし
ただ自律神経をはじめとしていろんな神経を圧迫しているみたいなんで治るときがすごく楽しみです

朝日の中受験対策コーナーは、神!



独りくだらない見栄やこだわりにぐるり
巻かれて
泣かない約束したけど

悲しけりゃ思いっきり泣いたっていいよ
恥ずかしいほど悔やんでいいよ
涙が飽きるくらいに
「忘れればいいよ」なんて言葉さえも
風がかき消しちゃうなら
消えぬ星に変わるまで覚えてていいよ


そんなにデキるほうじゃない
だけどこれだけは譲れない!
驚くほど不器用に あぁ…叫んだのに

神はあっけなくそっぽ向いたまま
わけの解らない敗北感だけをくれた

悔しけりゃ思いっきり泣いたっていいよ
惨めに唇濡らす涙は初めての味
知ってれば どうでもいいと思えない
高いハードルに会った時
胸を張って飛べる翼(はね)に変われるからね

今は思いきり凹んでいいよ
自然と元気になれるまで 気長に待って
いるから
無理矢理に笑顔作らなくっていいよ
たまには振り返っていいよ
気がすむまで、ずっとずっと
覚えてていいよ



KOTOKOも神ーすきー
子供アニメ~えろげソングまで歌える彼女が大好きです

ぐっは


実家に帰るかで1日悩んでた

夕方・帰るのを諦めつつも万一の時に帰れるようケータイの充電器持ってバイト行く

塾・諦めて土曜日も授業入れる

塾・生徒の急な欠席により早く帰れることが決定
実家に帰ろうと思い土曜日はテスト扱いにして出勤許否

帰・さて早い電車に乗れる…と思ったら去年辞めた生徒に捕まる

帰・どうしようか迷って親に電話
「帰ってきなさい」と言われて帰ろうとする

帰・まだ早い電車に乗れ…る…!と思ったら電話がかかってくる
学校の先輩だから電話をとったら「俺、今後ろにおるねんww」と言われる
こ ん な と き に !!!!!

無碍にできないので世間話、電車間に合わない

駅・親に「もう…どうしよう…」と泣き言を言う、親も「好きにしなさい」状態
しょんぼりして帰るのを諦める

地下鉄の駅に進路を変えると親から電話
なんか蛾が出るから気をつけろとかそんな話をされ
うっかり「帰ってこい」とか言われる

とりあえず一本遅らせて帰ることにする
だが使おうと思っていた金券は売り切れ、学割証も期限切れで凹む
「帰るのやめた…」と電話

重い足取りで下宿先へ←今ここ

保父さんみたいな男が好きです


しかも本人無自覚系の

最近自マンションの工事が始まっていました
窓開けっ放しであられもなさ過ぎる格好で寝ていたらベランダに工事の人いてびびった
お見苦しいものを見せながら作業させてすみません

とりあえず
わたしは厭厭厭と暴れながら茨城から和歌山に連れてこられ
転校してからの一年は神経せんぶイかれるくらいの陰湿な嫌がらせを地味にされ
親も親で不安定だったので半分虐待まがいの状態で
三日に一回は「ちょwwそれ子供に言うの自重ww」な感じのことを言われ
ああもう絶対小学校の人間と付き合いなんてしない!!><と思っていたら

帰省するたび小学校時代の人間と遊び、和歌山に就職することすら考える始末


私立の中学校も中学校で
みんな厳しすぎる勉強のストレスで学年の半分以上が心を病む環境の中
(リアルに心療内科の門を開けたらうちの学校の制服着た奴がいたというくらい
わたしも中二病だか高2病だかを併発しつつ「こんな学校絶対捨ててやる」とか思っていたら

なんかしょっちゅう中高時代の友達と遊んでるし校長とも話するし


大学は大学で
適当にやろうと思っていたサークルにはそこそこのめりこむし
大嫌いだった学部の勉強をほんきでやろうかと考えるし(逃げのために
絶対なるもんかと思っていた「教える仕事」を楽しんでいるし
内定出たのは一番行きたくなかった金融系だし

なんかもう分からんとです
嫌っているものと添い遂げる運命にあるのかと考えてしまうんだぜ
そういや小学校一年生で和歌山から茨城連れて行かれるときもすごく嫌がってたなあ
どうしてうちの親はやむをえずともわたしから友達を取るような真似をするのか
自分の名前がほとほと皮肉だと感じる今日この頃


えー、っと
某掲示板で過去の自分に一通メールを送れるならなんて送るというのがあって
なんだろうなあ、本当にないなあ
今年の自分に「ポストちゃんと見とけ、履修は食いつけ」っていうのと
「しんどいだろうが就活するなら気を抜かず頑張れ、本も買え」かな
ああ、それと茨城から離れる前の自分に「父母と一緒に茨城を離れなさい」かな
最後にね、大好きな、今でも本当に大好きな男友達が会いに来てくれたんですよ、お別れ持って
けどその時のわたしは早々に妹と二人親より先に和歌山へ帰ってしまったという
ああでもこの時代はメールなんてなかった、手紙でいっか、捨てられるか

会えてたらなんて言ったかなあ
あの時存在するなんて思っていなかった携帯電話を二人とも持っていて
番号もメールもお互い知っているんだけど、今聞いても答えなんて分からないだろうし
彼と仲良く過ごす青春がほしかったなあ、親友だったから
中学受験組だったからほんと塾も学校も一緒だったんですよ

えと、とりあえずこんな感じで
追記は過去の自分に手紙書くならってスレがほんとうにあったから書いてみる

more »

夏よ逝かないで


大学院について本気出して考えてみたかつて大喧嘩した先生のところへ行ったら
なんかもうすごく歓迎されて、なんか食らいついたことが逆に評価されたらしくて
「中々根性のある子やなと思った」と訳のわからん高評価をされました
とりあえず就職の相談と世間話の後、教授が一言
「もうお昼食べた?^^」
目上の男の人にこう聞かれたら食べてても「いいえ」と答えてしまいます
というわけで「いいえ^^」と答えたエルモ、レストランに連行されました
教授と同じ日替わりランチをむさぼりながら(あまり食べた気はしなかった緊張感のせいで)
色々な話をして、帰りには「来年君が来たら京都の町を案内してもらわなきゃ」と言われました
そしておごってもらう始末

(・ω・;;)

他の研究室、超行きにくいんだぜ…

てか他の研究室の教授からも本をもらったり卒論のアドバイスもらってるという…OTL
これって面接やばいんじゃないのか自分…

人物像

える藻

Author:える藻
だいがくせい
はたちたすに

メール中毒
お電話飢餓

毎日瀕死

おてまみ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックがバック

ダイスキ!!(ノ´∀`*)

おてんき


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

いつでもいっしょ

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。